イデコとは | 損することもあるの?

イデコとは
「スポンサードリンク」

イデコ(iDeCo)は従来からあった
確定拠出年金ですが、
2017年1月から加入出来る対象者として、
企業年金があった会社員、公務員、
主婦などの方まで増やしたところが
従来の制度との違いです。

加入出来るのは60歳まで
一度加入すると脱退するのが
出来ないのが原則ですが、
掛金の減額や掛金の支払いそのものを
一時止めることは可能です。

イデコの注意点

確定拠出年金は自分がリスクを負い、
自分で運用する制度です。

金融機関が用意した投資信託商品の中から
選択しますが、ローリスク・ローリターンから
ハイリスク・ハイリターンまで
いろんな商品があります。

そのため、運用成績によって損失が
発生することは十分有り得ます。

だとしたら、ローリスク・ローリターンの
商品として元本保証型だけを選択したく
なりますが、運用先である国民年金基金連合会に
支払う費用が常に発生します。

運用益でまかなうことが結果的に出来れば
よいのですが、そうならない可能性があることを
覚えておきましょう。

また、第3号被保険者の場合、所得控除が使えない
デメリットがあります。

第3号被保険者の多くが主婦であり、
第2号被保険者であるご主人から扶養されている
前提から、所得税を最初から課税されていないために
所得控除が適用されないのです。

まとめ

イデコ(iDeCo)は、確定拠出年金制度として
税金の面でも優遇されています。

しかし、運用商品の成績次第では損することは
有り得ますし、主婦など第3号被保険者には、
節税メリットがあまりないというデメリットも
あります。

メリットだけでなくデメリットも事前に
検討した上で、加入するかどうか判断しましょう。

「スポンサードリンク」
タイトルとURLをコピーしました