イデコ | おすすめの運用商品をピックアップ

おすすめ
「スポンサードリンク」

 

個人型確定拠出年金制度“iDeCo(イデコ)”で
選ぶ運用商品は、口座を開設した銀行や証券会社で
用意されている金融商品の中から選択しなければなりません。

運用成績がいいものを選択するのはもちろんですが、
国の委託期間先に支払うコストが167円/月かかる上に、
運営機関管理手数料のほか、投資信託の運用報酬が
かかります。

出来るだけコストが安い金融機関を選択すべきで、
楽天証券SBI証券などのネット証券会社なら
コストが安いのでおススメですね。

おすすめの運用商品

さて、肝心な運用商品についてですが、
株価指数に連動するインデックス投信、株価指数を
上回るように運用するアクディブ投信の2種類に
分類されます。

インデックス投信の方が手数料は安いです。
アクティブ投信も運用成績が高ければいいのですが、
大半はインデックス投信の成績に及ばないようです。

運用が長期になると、信託報酬の差によって
受取金額に差がつきますことからも、
どういう商品を組み合わせていくか研究していく
必要があります。

投資信託が豊富なのは野村證券
年間の口座維持手数料は計6,108円)で、
DC外国株式(0.22%~)、DC国内債券(0.16%~)、
DC外国債券(0.21%~)と、コストが極めて低いです。

一方、定期預金が中心であれば、
スルガ銀行(年間の口座維持手数料は2,004円)
がおすすめですね。

スルガ確定拠出年金スーパー定期は、1年、3年、
5年物があります。

ネット証券で有名な楽天証券ですが、
口座管理料手数料無料のキャンペーンが行われており、
残高または拠出額が10万円以上だと条件クリアとなり、
手数料が無料になります。

扱う金融商品について、国内株式を対象にした
「たわらノーロード日経225」などが運用報酬0.21%~、
国内REIT「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」が
0.28%~、海外株式を対象にした
「たわらノーロード先進国株式 」などが0.24%~なっています。

まとめ

“iDeCo(イデコ)”では、口座開設をした金融機関で
用意された金融商品の中でしか選ぶことが出来ません。

そのため、出来るだけ運用報酬が安いものを中心に
選ぶとよいでしょう。

概して、銀行はコストが高めですが、
スルガ銀行であれば元本が保証された定期預金を
中心に運用が可能です。

ネット系証券会社であれば運用コストが安い一方で、
野村證券など大手証券会社なら運用商品が豊富なため、
どういう商品を組み合わせていけばよいか研究する
必要があります。
投資の勉強を怠らないようにしましょう。

「スポンサードリンク」
タイトルとURLをコピーしました